お知らせ

 今年度、相東UFC U−12(6年生以下)の選手が、
日本サッカー協会エリートプログラム、2007年度JFAアカデミーに合格いたしました

3000人以上の応募の中から15名の選手が福島県Jビレッジを拠点に
6年間日本サッカー協会責任の元、寮生活を行いながら
サッカーを中心にオンザピッチ、オフザピッチで指導を受け生活していきます。

JFAアカデミーとは

 相東UFCは設立7年目の若いチームですが、チーム指導方針の元、
賛同し集まってくれた選手、熱意ある指導者、
それを支えていただいた会員の皆様、そういったサッカーに対する取り組みが
形となってあわられた事は本当に嬉しく思います。
今回合格した選手はけっして大きい選手ではありません。
むしろ小柄な選手ですが、持ち前のスピードとボールに向かっていける姿勢、
トレーニングで積み重ねた技術(個人技、判断力、フィジカル、メンタル)、
そういった部分が評価された結果だと思います。
最終選考では真っ赤な相東UFCジャージを身にまとい選考に望んでくれたそうです。(泣かせるじゃないか)
その選手をキンダーで初めて見たときはねずみのようにチョロチョロと、
ボールを見つけると「火の玉」のようにガムシャラに向かっていくそんな選手でした。
 今年のトップチームは全日本少年サッカー大会神奈川県大会でベスト16に駒を進めるなど、
決してその選手個人の力だけではなく、選手一人一人の技術の向上によりチーム力も上がり、
相東UFCが追い求める「個人も育てチームも育てる」。そういった両面を考える指導方針が少しずつ
実を結び始めていると実感しています。時間のかかることは承知の上(低学年の間は全くといって良いほど勝てません)、
相東UFCを卒団し次のステップのノリシロも作りながら、
色々なチーム(Jであろうが、クラブであろうが、部活であろうが)で高い評価を得られることが
少年サッカー指導の理想だと思っています。

 縁あって相東UFCの仲間になってくれた選手たちが少しでもサッカーの面白さや楽しさを知り、厳しさや怖さを知り、
支えられている感謝の気持ちが持てる、そんな選手になれるよう手伝って行きたいと思います。

この先こんな選手は一人だけかもしれません、
それでも我々は指導技術(技と心の)を向上させ理想に向かって進んでいきます。


                                               相東ユナイテッドFC 代表 尾張敏和


卒団までしっかり頑張れ!甘やかさないからな!(笑)
他の学年の選手ももっともっと上を目指そうぜ→上ってなんだって?上は上だ!(笑)
そのためにはまず、
簡単に休まない! 最後まで諦めない! 親は子供を甘やかさない!(笑) 指導者はおごり高ぶらない!
 

                                 こちらも相東ユナイテッドFC 代表 尾張敏和


HOME